ブログ

ブログ Blog

  • 東海アクシスについて
  • 記事一覧
  • イベント

2021.06.22   カテゴリー: イベント

6月17日(木)にクラス対抗スポーツ大会を行いました。

6月17日(木) 3、4限に、1・2年生によるクラス対抗スポーツ大会が2年ぶりに開催されました。新型コロナウイルス感染症対策を十分に講じて、実行委員が中心となり大会はスムーズに運営されました。種目は、頭脳系 校内謎解きゲーム、校内インスタ映えコンテストと運動系 スポンジの剣を使用した、気配斬り、チャンバラ合戦の2つです。

頭脳系の校内謎解きゲームでは、5~6人の1・2年生のグループで校舎内に10か所ある問題を解いて回り、インスタ映えコンテストでは、看護学校ならではの物品を用いてインスタ映えするように写真を撮影し、投票でグランプリを決めました。実行委員からは「感染対策のため校舎を広く使って問題を置くなど工夫しました。コンテストでは想像以上に熱い戦いが繰り広げられ楽しむことができました。景品を全員分用意することができビンゴ大会まで盛り上げることができました。学年を混ぜたグループにしたことで他学年との交流ができて良かったです。」と感想がありました。

運動系の、「気配斬り」では、各チーム代表3人によるトーナメント戦で行い、各コートで勝負を見守る学生は盛り上がっていました。チャンバラ合戦では、体育館全面を使用し、頭の上につけた紙風船を先に全部割られたチームが負けのルールで1チーム15人程度のトーナメント戦で行いました。体育館を走り回りながら各チーム協力して試合をしました。参加した学生からは「実習、勉強、課題などに追われていたので、久しぶりに体を動かすことができて息抜きができました。」「1年生と話ができました。1年生との交流が今までなかったので大満足です。」「クラス、学年に関係ないチームのため、今まで話をしたことがない人と話すことができました。チームで「勝つぞ」という一体感が生まれ全力で楽しむことができました。」等感想がありました。実行委員からは「運動が得意でない人も含めて全員が楽しみ、かつ1・2年生との関わりを深めるための企画を作り上げることに苦労しました。当日は委員だけでなく多くの友人が手伝ってくれたおかげで、皆が楽しむ企画となり良かったです。」と感想がありました。

2年生の実行委員が一生懸命に動き回り、また多くの学生が手伝っていたこと、異学年との交流があちこちで見られ、学生が工夫して企画立案し、例年の球技大会とは異なるクラス対抗スポーツ大会が行われました。