ブログ

ブログ Blog

  • 東海アクシスについて
  • 記事一覧
  • お知らせ

2022.02.15   カテゴリー: お知らせ

2月12日(土)に第111回看護師国家試験を受験する3年生58人の出発式を行いました。

受験票

今年度の国家試験対策の勉強は新型コロナウイルス感染症防止のため、1月下旬から一部の学生を除いて自宅でのリモート学習となっていました。3年生は学習以外でも外出は控え、家族の協力も得て感染防止に努めてきました。久しぶりの登校に少し解放感が見受けられました。

卒業生からのメッセージ

出発式会場の視聴覚室の前には、教職員、昨年度の卒業生の励ましのメッセージがホワイトボードに貼ってありました。正午過ぎから3年生への全体説明が始まり、教務課長からは「あとはメンタルです。国試担当の先生方は皆さんの大きな味方ですので、落ち着いて試験に向かってください。」と激励の言葉がありました。国試担当教員が「〇○さん。自分の力を信じて。」など一人一人に激励の言葉をかけ受験票を渡しました。学生の反応は様々でしたが、「明日の試験頑張るぞ」と引き締まった決意の表情がうかがえました。

全体説明終了後、バスが到着するまで、学生ホールでは各チューターの教員から学生一人一人に励ましの言葉をかけられる光景が見られました。やはりここでもリモート学習で仲間とのかかわりが難しかっただけに、教員に声を掛けてもらい例年以上にうれしい表情を見せる学生が多くいました。「先生。」「行ってきます。頑張ります。」などの声が学生ホールに響き、教員から励ましを受けている学生の輪があちこちにできていました。

国試見送り

暖かい陽気の中、毎年恒例となっている、「がんばれアクシス」と書かれた緑の横断幕を教職員が掲げてのバスの見送りが行われました。バスへ乗車する際には、教員から学生へ「落ち着いて頑張って」などの声がかけられ、「頑張ってきます」と声を返す光景があちこちで見られました。教職員は「試験でしっかり実力を出して」と学生に祈り、学生もその気持ちを受け止めていて、その場は教員と学生達にある信頼関係で熱い空気に包まれていました。

バスが動き出すと、教職員は大きく手を振って「がんばれ」と声をかけ、車内からはこちらに向かって手を振っている学生が多く見受けられました。そして、バスが見えなくなるまでお互いに手を振り続けました。バスへの乗車からバスが見えなくなるまでの時間が短くあっという間に感じられました。昨年度の卒業生も駆けつけて後輩を応援してくれました。

必勝だるま

新型コロナ感染第6波流行の中、学生は国試担当教員から毎日リモートで画面越しに声を掛けられながら学習し、一部学生は登校して感染対策をして個別学習するなど、感染対策はもちろん、モチベーションの維持、メンタルのコントロールなど昨年以上に大変さがありました。学校全体で「国家試験全員合格」という目標を掲げ臨む本校の姿勢の現れとして、今年も例年どおりに出発式の光景を見ることができました。 

第111回看護師国家試験は2月13日(日)に実施、合格発表は3月25日(金)です。