ブログ

ブログ Blog

  • 東海アクシスについて
  • 記事一覧
  • 在校生の声のアーカイブ

2022.04.02   カテゴリー: 在校生の声のアーカイブ

iPadをうまく活用し計画的に課題を行う、地元の病院で看護師として活躍することを目指す

voice
からのメッセージ

 まず、私が看護師になりたいと思ったきっかけをお話しします。私は母が看護師として働いているため、母の話を聞いてやりがいや魅力のある仕事だと思ったことや、医療ドラマやドキュメンタリーを見て医療について興味を持ったことがきっかけです。そして、将来のことを考えた時に手に職をつけたいという思いが強くあり、看護師という職業を選びました。看護師になりたいと思うようになって悩んだことは、大学と専門学校の選択についてです。大学は一般教養があって広く学ぶことができ、4年間で学んでいくため時間の余裕もあることが私にとっては魅力でした。一方で、私はできるだけ早く地域に密着した病院で働きたいという気持ちもあり、悩んだ末に学費に関する心配もあったことから、アクシスを志望しました。アクシスにはチューター制(個別担任制)という制度があり先生に相談をしやすい環境が整っていること、実習病院が中東遠地域の5市1町の病院なので実習をしながら病院の雰囲気や体制などを知ることができ、どの病院2 A・Mさんで働きたいのかをイメージできること、この2点は、地元の病院で働く看護師を目指すにはとても良い環境だと思います。

 次に学校生活におけるICTを活用した授業についてお話します。主にiPadを使用しながら学習を行なっています。ただ、全てをiPadで行なっているのではなく、紙の教科書やノートも使用することもあります。iPadでは電子教科書をみたり、授業で学習支援ソフト「スクールタクト」といったツールを使用して授業や課題を行なったり、遠隔授業を受けるためのTeamsというアプリを使用したりすることもあります。それだけでなく、ワードやエクセルも入っているため、課題のレポートなどもほとんどiPadで行なっています。入学直後はうまく使えず、タイピングが速くないため正直いろんなことに時間がかかりました。ただ、iPadで授業の感想を提出し、レポート作成やまとめを行うことが多いため、だんだん慣れますので、あまり心配しなくて大丈夫です。学校支援ソフトのスクールタクトでは、授業で自分の考えや感想を書くことが多く、さらにその内容を他の人と共同閲覧するので、自分の知識や価値観を広げることができます。また、病院では電子カルテがほとんどなので今のうちからタイピングが速く打てるようになることや、電子教科書のため荷物が少なく済むこともメリットなのではないかと思います。

 次に課題についてです。専門学校は課題が多くて大変だと聞くことがあると思います。実際、課題は多く出ますが、出来ない量ではありませんし、毎日毎日出ているわけでもありません。そのためスケジュール管理をきちんとすれば自分の時間を持つことや、コロナ禍でもルールの範囲内でアルバイトもできます。課題を行っていくことで知識がつき、まとめる力もついてきます。課題が大変な時期が必ず出てきますが、自分の健康を第一に考え、息抜きをしながらやっていくことが課題に取り組んでいく上では大切なことだと思っています。今のうちから好きなことを見つけると良いのではないかと思います。

 進路について考えていく時に、自分がいったい何になりたいのかわからなくなったり、職業や進学先についての情報を集めすぎて、何がいいのか判断できなくなったりすることがあると思います。そんな時は自分の中で譲れないものは何か、今までの自分を見つめて何に興味があったのかを考えたうえで、後悔のない選択をして欲しいと思います。皆さんの今後を応援しています。