ブログ

ブログ Blog

  • 東海アクシスについて
  • 記事一覧
  • 在校生の声のアーカイブ

2022.04.02   カテゴリー: 在校生の声のアーカイブ

幼き日の経験、看護師である母親に感謝の気持ちを抱き、看護師への道を切り拓く

voice
からのメッセージ

 私は、自分の母が看護師であることと、1歳の頃に重度の火傷を負ったことをきっかけに漠然と小さい頃から看護師を目指そうと思っていました。しかし、漠然と看護師になりたいとしか思っていなかったがために、歳を重ねていくうちに、進路について心が揺らいだことがありました。心が揺らいだにも関わらず、今こうして看護師を目指している経緯を少しお話し、少しでも皆さんのお力になれたらと思います。

 私の母は看護師で、小さい頃から怪我をしたり風邪をひいたりした際には、いつも適切なケアをしてくれました。そのような母の姿を見て私は母を尊敬し、母のようになりたいと思うようになりました。また、私は1歳の頃に炊飯器を頭から被ってしまい重度の火傷を負い命に関わるとても危険な状態となったのですが、母が看護師であったためその場ですぐに応急手当てをしてくれ、その後中東遠地域の病院でも、手当てを受けたことにより命が助かりました。その出来事をきっかけに、私も命を救える立場の人になりたいと思うようになりました。このように、私の周りの環境が看護師という道を切り拓いてくれました。

 しかし、私は火傷を負って髪の毛が生えていないところがあったり、額にはまだ火傷の跡が残っているところがあったりするのですが、小さい頃はそれがすごく嫌だと思っていました。みんなと同じように髪の毛を縛れなかったり、外に出たら風の方向を気にして髪の毛が生えていないところを見えないようにしたりするのが嫌だったからです。また、小学校高学年の頃から、「母が看護師だから看護師になる」、「自分が助けてもらったから自分も人を助ける立場になりたい」と考えることはあまりにもありきたりすぎる話ではないかと思うようになりました。また、私には兄がいるのですが、兄と同じものをやってきたことが多かったので、私はこのままずっと自分で新しい道を切り拓くことができず、兄や母と同じ道しか歩むことができないのかと考えるようになりました。それをきっかけに、他の職業を目指したこともありました。

 しかし、高校生の時に母によく言われていた言葉をきっかけに、アクシスに入学し、看護師になることを目指すようになります。母がよく私に言ってくれていた言葉は「感謝」です。私は、高校生の時に、弓道をやっていました。いつも大会の日、家を出る際、母に『「感謝」だよ。』と言われました。それには、「大会に出られること、いつも指導してくれる先生や一緒に部活を頑張っている仲間に感謝の気持ちを持って頑張るんだよ。」という意味が込められていました。私は、武道において礼儀は大切であることが分かっていたので、母の言葉はとても心に染みました。そして、私は、「感謝」という言葉が、武道だけでなく、人生においても大事な言葉だと感じるようになりました。そして、将来のことを考えた時に、今まで母や火傷をきっかけに看護師を目指そうと思えたことに感謝すべきだと考えるようになりました。火傷の跡も、患者さんの痛みを少しでも分かってあげられる材料となるものではないかと考えるようになりました。また、私は、命を救ってくれた中東遠地域の病院や母に感謝の気持ちを持ち続け、看護師となり中東遠地域の医療に貢献することで恩返しをすることが自分の使命であると考えるようになりました。このような経緯で、私は中東遠地域の医療に貢献できる看護師を目指しアクシスに入学したいと考えました。

 受験期についてですが、私は友達と乗り切りました。友達は、本当にたくさん私のことを支えてくれました。そして、この友達も私が看護師を目指そうと強く思わせてくれた存在です。友達は、心の病気を抱えていてました。とても仲が良かったので心の支えになりたいという思いがあったのですが、私はどういう言葉をかけたらよいのか分からない時がありました。そのため、私は、絶対看護学校に合格し、看護の勉強をして、友達を支えることができる存在になりたいと思い勉強に励みました。本当にその友達のおかげで私は、受験期を乗り切ることができました。これからも、友達のためにも勉強を頑張っていきます。受験を共にする友達はとても大切な存在になります。皆さんもぜひ、受験期を共にする友達を大切にしてください。

 ここで、話が少し変わり、学校のことについてお話をしていきたいと思います。まず、講義や演習についてです。授業は90分で高校に比べて授業時間が長くなりますが、段々と自然に慣れてくると思います。特に、興味のある分野は時間が過ぎるのが早く感じるほどになると思います。演習では、看護技術を学んでいきます。仲間と協力しながら時間を見つけて練習し、成功した時にはとても達成感があり自分の自信につながります。とてもやりがいがあり楽しいです。次に実習についてです。実習では管内5病院に行きます。実際に病院で看護を学ぶことができとても勉強になります。きっと、看護師になりたいという思いが強くなると思います。

 最後に、コロナ禍において、アクシスに入学し看護師を志すことを視野に入れている皆さんは、本当に素晴らしい方々だと思います。ぜひ自信を持って自分の道を切り拓いていってください。