ブログ

ブログ Blog

  • 東海アクシスについて
  • 記事一覧
  • イベント

2022.04.18   カテゴリー: イベント

令和4年度入学式

令和4年4月6日(水)に令和4年度の入学式を行いました。

看護の道を志す60人が山本 洋子校長から1人ずつ呼名されました。

山本校長からは、「これからの看護職は、広い分野にわたる知識と的確な判断力をもつ高度な専門性が求められると同時に「人の痛みのわかる」、「相手のことを思いやることができる」豊かな人間性も求められています。時代の要請に応えられる、真のプロフェッショナルを目指して、強い意志をもって学業に励んでください。そして、医療の現場ばかりでなく、多くの友人を得て、日々の生活からも人間的にも成長してください。」と言葉がありました。

新入生を代表して、服部 桜子(はっとり さくらこ)さんが、看護師の働く姿に強い憧れを抱き看護師を目指すきっかけとなった体験を話し、「多くの課題や実習などがありますが、ここにいる新たな仲間と共に支え合い励まし合いながら乗り越え、より良い看護を目指し努力し、1人の人間として、看護師を志す者として成長していきたいです。そして、看護学生としての自覚を持ち、同じ道を共に歩む仲間と助け合い、切磋琢磨しながら看護に関する知識や技術を身につけ、自らの夢をかなえるべく全力で努力することを誓います。看護の道に第一歩を踏み入れることに不安や緊張がある反面、看護師という大きな夢に期待を抱き、今日の気持ちを忘れることなく、3年間精一杯頑張っていきます。」と、誓いの言葉を述べました。

式終了後のオリエンテーションでは、近藤教務課長から、高校までと違う意識が必要なことなど 新入生及び保護者は真剣に聞いていました。

コロナ禍での入学式となりましたが、良い天候にも恵まれ、校門前の入学式看板の横で記念撮影している姿に、新たな出会いの季節の訪れを感じさせました。新入生たちは早速友達となって仲良く話をしている様子で、これから始まる3年間の学校生活を楽しみにしている気持ちが伝わってきました。