東海アクシス看護専門学校

在校生の声

2

R・Aさん

オープンキャンパスでアクシスへの入学を決意。先生、仲間に恵まれ充実した学生生活を送る

 私は消防士である父の影響を受け、人の命に携わる仕事がしたいとの思いから医療職への憧れがありました。さらに、人と関わることが好きなので、医療職の中でも患者と関わる時間が最も長い看護師が良いと考え、看護師を目指すようになりました。看護師を目指すまでには、両親と話し合い、本当に将来の職業を看護師にするのかと真剣に悩みました。皆さんは、今将来の職業を決める大切な時期だと思いますので、自分がなぜ看護師を目指しているのか、将来どのようになりたいかをもう一度考えてみると、看護師を目指す意思が強くなると思います。

 私がアクシスを目指した理由は、2つあります。1つ目は、将来は地域の病院に就職したいと考えていたからです。自分の生まれ育った中東遠地域に貢献したいという思いがあったので、その地域との連携が強いアクシスを受験校の視野に入れていました。2つ目は、オープンキャンパスで良い印象を受けたからです。当時の私は、どの看護学校も男子は少なく肩身が狭いのではないかと心配していました。しかし、自分が高校3年生の時に参加したアクシスのオープンキャンパスで、明るく活き活きとしている男子の先輩の姿を見て「ここだったら楽しく学校生活を送っていける」と確信し、他にもいくつかの看護学校のオープンキャンパスに参加していましたが、推薦の受験校をアクシスに決めました。入学から1年と少し経った今では、課題には追われていますが、良い仲間にも恵まれて楽しく学校生活を送れています。受験前には、試験勉強や面接練習でかなりプレッシャーがかかり大変でしたが、今となってはあの時頑張って本当に良かったと思っています。

 アクシスにはチューター制(個別担任制)という1年生から3年生が関わることのできる縦の繋がりを大切にした制度があります。私自身、テストや実習のことで不安になるとよく先輩に相談しています。縦の繋がりがあると、先輩からアドバイスをしてもらえるので本当に助かっています。先生との距離も近く、気軽に相談することが出来ます。本当に優しい先生方ばかりで相談をすると、どの先生も親身になって考えてくれます。将来看護師になることを考える上でとても頼りになる存在です。

 私が高校生の時、オープンキャンパスに参加した際に感じた「アクシスの男子学生は明るく活き活きとした男子が多い」というのは、現在も変わっていません。男子は人数が少ないからこそ団結力が強く、先輩後輩の仲が良いというのがメリットだと私は思います。
また、私のクラスには社会人が2人いますが、接するうえで気まずさを感じたことはありません。同じ看護職を目指す仲間として一緒に頑張っています。後輩にも男子の社会人がいますが、体育館で一緒にスポーツをしたり、ロッカーで話しをしたりと、勉強以外にも関わりがあります。

 アクシスは、地域との関わり、学生同士の繋がり、奨学金制度が魅力の学校です。また、4年制の大学と比べ、1年早く現場に立ち経験を積めることは3年制の専門学校の強みです。実習やテスト、人間関係と入学すると不安なことがたくさんあるかと思いますが、優しい先輩・先生方が多いので、きっと皆さんの力になってくれると思います。アクシスで一緒に看護を学んでみませんか。

2

M・Oさん

幼き日の経験、看護師である母親に感謝の気持ちを抱き、看護師への道を切り拓く

 私は、自分の母が看護師であることと、1歳の頃に重度の火傷を負ったことをきっかけに漠然と小さい頃から看護師を目指そうと思っていました。しかし、漠然と看護師になりたいとしか思っていなかったがために、歳を重ねていくうちに、進路について心が揺らいだことがありました。心が揺らいだにも関わらず、今こうして看護師を目指している経緯を少しお話し、少しでも皆さんのお力になれたらと思います。

 私の母は看護師で、小さい頃から怪我をしたり風邪をひいたりした際には、いつも適切なケアをしてくれました。そのような母の姿を見て私は母を尊敬し、母のようになりたいと思うようになりました。また、私は1歳の頃に炊飯器を頭から被ってしまい重度の火傷を負い命に関わるとても危険な状態となったのですが、母が看護師であったためその場ですぐに応急手当てをしてくれ、その後中東遠地域の病院でも、手当てを受けたことにより命が助かりました。その出来事をきっかけに、私も命を救える立場の人になりたいと思うようになりました。このように、私の周りの環境が看護師という道を切り拓いてくれました。

 しかし、私は火傷を負って髪の毛が生えていないところがあったり、額にはまだ火傷の跡が残っているところがあったりするのですが、小さい頃はそれがすごく嫌だと思っていました。みんなと同じように髪の毛を縛れなかったり、外に出たら風の方向を気にして髪の毛が生えていないところを見えないようにしたりするのが嫌だったからです。また、小学校高学年の頃から、「母が看護師だから看護師になる」、「自分が助けてもらったから自分も人を助ける立場になりたい」と考えることはあまりにもありきたりすぎる話ではないかと思うようになりました。また、私には兄がいるのですが、兄と同じものをやってきたことが多かったので、私はこのままずっと自分で新しい道を切り拓くことができず、兄や母と同じ道しか歩むことができないのかと考えるようになりました。それをきっかけに、他の職業を目指したこともありました。

 しかし、高校生の時に母によく言われていた言葉をきっかけに、アクシスに入学し、看護師になることを目指すようになります。母がよく私に言ってくれていた言葉は「感謝」です。私は、高校生の時に、弓道をやっていました。いつも大会の日、家を出る際、母に『「感謝」だよ。』と言われました。それには、「大会に出られること、いつも指導してくれる先生や一緒に部活を頑張っている仲間に感謝の気持ちを持って頑張るんだよ。」という意味が込められていました。私は、武道において礼儀は大切であることが分かっていたので、母の言葉はとても心に染みました。そして、私は、「感謝」という言葉が、武道だけでなく、人生においても大事な言葉だと感じるようになりました。そして、将来のことを考えた時に、今まで母や火傷をきっかけに看護師を目指そうと思えたことに感謝すべきだと考えるようになりました。火傷の跡も、患者さんの痛みを少しでも分かってあげられる材料となるものではないかと考えるようになりました。また、私は、命を救ってくれた中東遠地域の病院や母に感謝の気持ちを持ち続け、看護師となり中東遠地域の医療に貢献することで恩返しをすることが自分の使命であると考えるようになりました。このような経緯で、私は中東遠地域の医療に貢献できる看護師を目指しアクシスに入学したいと考えました。

 受験期についてですが、私は友達と乗り切りました。友達は、本当にたくさん私のことを支えてくれました。そして、この友達も私が看護師を目指そうと強く思わせてくれた存在です。友達は、心の病気を抱えていてました。とても仲が良かったので心の支えになりたいという思いがあったのですが、私はどういう言葉をかけたらよいのか分からない時がありました。そのため、私は、絶対看護学校に合格し、看護の勉強をして、友達を支えることができる存在になりたいと思い勉強に励みました。本当にその友達のおかげで私は、受験期を乗り切ることができました。これからも、友達のためにも勉強を頑張っていきます。受験を共にする友達はとても大切な存在になります。皆さんもぜひ、受験期を共にする友達を大切にしてください。

 ここで、話が少し変わり、学校のことについてお話をしていきたいと思います。まず、講義や演習についてです。授業は90分で高校に比べて授業時間が長くなりますが、段々と自然に慣れてくると思います。特に、興味のある分野は時間が過ぎるのが早く感じるほどになると思います。演習では、看護技術を学んでいきます。仲間と協力しながら時間を見つけて練習し、成功した時にはとても達成感があり自分の自信につながります。とてもやりがいがあり楽しいです。次に実習についてです。実習では管内5病院に行きます。実際に病院で看護を学ぶことができとても勉強になります。きっと、看護師になりたいという思いが強くなると思います。

 最後に、コロナ禍において、アクシスに入学し看護師を志すことを視野に入れている皆さんは、本当に素晴らしい方々だと思います。ぜひ自信を持って自分の道を切り拓いていってください。

2

M・Kさん

高1でアクシス入学を決意し困難を乗り越え入学。計画的に課題に取り組み充実した毎日を送る

 私は高校生になるまで、将来自分が何になりたいのか、何を目指しているのか、将来の夢などについて深く考えたことがありませんでした。特に行きたい高校もなく、“楽しそう”という理由で磐田市内の高校へ入学しました。高校生になり、両親に「将来、何をしたいの?」と聞かれたことをきっかけに、高校1年生のときに初めて自分の将来について考えるようになりました。「自分はこの先何になろう。何をしたいのだろう」と将来について真剣に考えたとき、最初に思い浮かんだのが幼少期の入院のことでした。私は幼い頃身体が弱く、喘息により入退院を繰り返していました。入院生活の中で、辛く苦しい気持ちを抱えている幼い私に、看護師さんが優しく笑顔で話しかけてくださったことが印象に残っています。点滴の針の交換のときには、私の好きなキャラクターが絵の描かれたテープを貼ってくださり、嬉しかったことを今でも覚えています。自分の気持ちを上手に表現することのできない幼い頃の私に、親身に向き合い元気づけてくださった看護師さんの姿に憧れ、私は看護師を目指そうと決めました。数多くある看護の専門学校や大学の中で、私がアクシスを選んだ理由は、幼い頃入院していた病院とアクシスが連携していることを知ったためです。そして、私も憧れの看護師さんと同じように、「今度は私が生まれ育った地域の医療に貢献したい」、「病気で辛い思いを抱えている方を元気づけたい」という気持ちからアクシスに入学したいと思い、高校1年生の夏にアクシスのオープンキャンパスに参加し、その時にアクシスに入学しようと決めました。私の通っていた高校は進学校ではなく、アクシスへ進学した先輩も少なかったため、過去の面接内容や出題傾向などを知ることも大変で、何度も諦めようと思いました。当時の受験勉強や面接練習はとても辛かったけれど、入学した現在は「あの時に頑張ってよかった」と本当に思える大好きな友人に囲まれ、忙しい分とても充実した毎日を送ることができています。

 ICT教育が私たち28期生から導入され、1人1台iPadやパソコンなどの電子端末を用いて授業に取り組んでいます。ICT教育の利点としては、新型コロナウイルスの流行に伴い、対面授業を行うことができない時に自宅で対面授業と同じようにオンライン授業を受けられること、紙媒体の教科書と違い持ち運びに便利なこと、先生と学生・学生どうしの連絡や情報共有が容易になったことなどがあります。欠点としては、持ち運びが便利になった分、取り扱いに注意する必要があること、不具合によりデータが消えてしまうリスクがあることなどが挙げられます。私自身、ICT教育を受ける前までは“紙媒体の方が良い”と思っていましたが、電子端末があれば検索機能を用いて、分からない単語や疑問に思ったことをすぐに調べることができるため便利だと感じています。また、全ての学習を電子端末で行わなければならないというわけではなく、自分の行いやすい勉強方法で学習が出来ます。必要に応じて紙に印刷をするなど、電子端末と紙媒体を併用しながら学習を進めている学生が多いです。

 課題については、1年生前期は主に解剖生理学の予習と復習、後期は実習に向けた技術練習の事前課題・実施後のレポートです。2年生になると勉強する科目が増え、各教科でそれぞれ課題が出されます。課題の量は決して少なくはありませんが、友人に相談し、空いている時間を見つけて計画的に取り組めば終わります。看護学生になると時間の使い方が上手になるので、みんなで頑張れば十分乗り越えられる量です。

 高校生の皆さんは、今自分の将来について、どこの学校に進学すれば良いか悩んでいると思います。焦らず自分のペースでゆっくり考え、高校生活を楽しんでください。アクシスでお待ちしています。

N・Mさん

同じ志を持った仲間と課題や実習を一つ一つ乗り越え、自己の成長と目指す看護師に近づくことを実感する

 私が看護師を目指したきっかけは、中学2年生の頃に入院をしたことです。入院をすることが初めてでだったためショックが大きくこれからどうなってしまうかという不安や、当時部活を行っていたため、どうして今自分は入院をしなければならないのかという葛藤がありました。しかし、毎日看護師さんが笑顔で話かけてくれたことによって、塞ぎ込んでいた気持ちが前向きな気持ちになることができました。そんな看護師に憧れを持ち、自分も「人の役に立ちたい!」「気持ちを前向きにしたい」という気持ちが強くなり、看護師になろうと決めました。また、自分の住み慣れた地域で就職し、地域医療に貢献したいと考えたため、管内5病院と連携しているアクシスを受験しました。

 講義の時間は1コマ90分で行います。慣れないうちは長く感じ、大変だと思います。私も実際はそうでした。しかし、看護師を目指す私たちにとってどの教科も必要不可欠なものであり、授業を受けることによって自分の知らなかった新しい知識をたくさん得ることができ、学んだ知識が演習や実習に活かされてくるため、自信につながり、より看護に興味・関心を持つことができます。また、授業でグループワークを行うことが多いため、クラスメートと意見を交換し合うことによって、自分にはなかった考え・価値観を知り、視野を広く持ち、幅広い考え方を身につけることができます。演習の授業ではナース服に着替えて受けるため、最初はまるで看護師になったかのような気持ちになりワクワクします。実技試験の練習は、授業内だけではなく昼休み、放課後、空きコマの時間を有効活用して何度も練習を行います。実技は実習へ行った際に実際に患者さんに行うため、安全・安楽に実施できる自信がつくまで行います。試験では患者さんの事例が出されて、事例を元にしてグループメンバーで患者さんに合った援助方法を考え、選択して練習を行います。看護師、患者、観察者、それぞれの立場になって考えることによって患者が感じる不安や恐怖を知ることができ、その人に寄り添った看護援助の練習を行うことができます。

 1年生の冬休み明けに3週間の病院実習があります。最初はわからないことが多く、緊張もしてたくさんの不安があります。今まで学校で勉強をして身に付けた知識、演習の時間で身に付けた技術を活かして、患者さんに看護を提供していきます。最初はできることが少ないです。しかし、その中で自分ができることを患者さんの生活上の問題から見つけて、介入(援助する)をしていくことが大切です。また、看護は看護師―患者との関係を超えて、人と人との関わりであると私は考えます。そのため、対象の患者さんを理解していくことが最も重要です。相手を理解するためにコミュニケーションを用います。相手を尊重し、相手に合わせた個別性のあるコミュニケーションをとることで信頼関係を構築します。実習は記録物がたくさんあり、睡眠時間があまりとれず大変でした。しかし、それ以上に、患者さんができなかったことができるようになったことで笑顔が見られ、一緒に喜びを共有し合うことで看護の楽しさを実感します。同時に自分が実施してきた看護ケアへの自信につながります。実習を通して自分自身と向き合い、看護観について考えを深めていきます。

 最後に、課題や実習が多く大変ではありますが、その中でも看護師になるという同じ志を持った仲間と悩みを共有し、お互い励まし合い、時には切磋琢磨して1つ1つ乗り越えていくことで自分自身を成長させることができます。そして、充実した楽しい学校生活を送ることができます。
ぜひ私たちと一緒に東海アクシス看護専門学校で学び、看護師を目指しましょう。皆様のご入学を心よりお待ちしています。

2

M・Tさん

iPadをうまく活用し計画的に課題を行う、地元の病院で看護師として活躍することを目指す

 まず、私が看護師になりたいと思ったきっかけをお話しします。私は母が看護師として働いているため、母の話を聞いてやりがいや魅力のある仕事だと思ったことや、医療ドラマやドキュメンタリーを見て医療について興味を持ったことがきっかけです。そして、将来のことを考えた時に手に職をつけたいという思いが強くあり、看護師という職業を選びました。看護師になりたいと思うようになって悩んだことは、大学と専門学校の選択についてです。大学は一般教養があって広く学ぶことができ、4年間で学んでいくため時間の余裕もあることが私にとっては魅力でした。一方で、私はできるだけ早く地域に密着した病院で働きたいという気持ちもあり、悩んだ末に学費に関する心配もあったことから、アクシスを志望しました。アクシスにはチューター制(個別担任制)という制度があり先生に相談をしやすい環境が整っていること、実習病院が中東遠地域の5市1町の病院なので実習をしながら病院の雰囲気や体制などを知ることができ、どの病院で働きたいのかをイメージできること、この2点は、地元の病院で働く看護師を目指すにはとても良い環境だと思います。

 次に学校生活におけるICTを活用した授業についてお話します。主にiPadを使用しながら学習を行なっています。ただ、全てをiPadで行なっているのではなく、紙の教科書やノートも使用することもあります。iPadでは電子教科書をみたり、授業で学習支援ソフト「スクールタクト」といったツールを使用して授業や課題を行なったり、遠隔授業を受けるためのTeamsというアプリを使用したりすることもあります。それだけでなく、ワードやエクセルも入っているため、課題のレポートなどもほとんどiPadで行なっています。入学直後はうまく使えず、タイピングが速くないため正直いろんなことに時間がかかりました。ただ、iPadで授業の感想を提出し、レポート作成やまとめを行うことが多いため、だんだん慣れますので、あまり心配しなくて大丈夫です。学校支援ソフトのスクールタクトでは、授業で自分の考えや感想を書くことが多く、さらにその内容を他の人と共同閲覧するので、自分の知識や価値観を広げることができます。また、病院では電子カルテがほとんどなので今のうちからタイピングが速く打てるようになることや、電子教科書のため荷物が少なく済むこともメリットなのではないかと思います。

 次に課題についてです。専門学校は課題が多くて大変だと聞くことがあると思います。実際、課題は多く出ますが、出来ない量ではありませんし、毎日毎日出ているわけでもありません。そのためスケジュール管理をきちんとすれば自分の時間を持つことや、コロナ禍でもルールの範囲内でアルバイトもできます。課題を行っていくことで知識がつき、まとめる力もついてきます。課題が大変な時期が必ず出てきますが、自分の健康を第一に考え、息抜きをしながらやっていくことが課題に取り組んでいく上では大切なことだと思っています。今のうちから好きなことを見つけると良いのではないかと思います。

 進路について考えていく時に、自分がいったい何になりたいのかわからなくなったり、職業や進学先についての情報を集めすぎて、何がいいのか判断できなくなったりすることがあると思います。そんな時は自分の中で譲れないものは何か、今までの自分を見つめて何に興味があったのかを考えたうえで、後悔のない選択をして欲しいと思います。皆さんの今後を応援しています。

A・Mさん

子育て中に准看護師から看護師の道を決断。周囲の協力に感謝し、違う年齢の仲間に刺激を受け勉強に励む

 私が看護師になろうと思ったきっかけは、元々病院で准看護師として勤務していて看護師さんの仕事を身近で感じ、患者様の力になれる存在であり、自分自身も成長できるやりがいのあると職業と感じたからです。

 次に子育て中に進学を決めた理由は、家族や職場に協力していただける環境になったことです。一緒に働く職場の看護師さんから「絶対看護師の資格取った方がいいよ。」と常々声をかけていただき、勤務の調整をしていただいて学習の時間を確保できたことです。以前から看護師の資格を取りたいと考えていた私には心強い後押しでした。そして、家族に「どうしても看護学校を受験したい」思いがあることを伝えました。結果、私の思いに家族の理解が得られ、勉強の時間を作ることや子供の迎えなどで協力してくれることになりました。自分1人ではなく、周囲の協力が得られることで勉強に集中することができました。まず自分はどうしたいかを具体的にイメージして、周囲の人に伝えていくことが大切だと思います。周囲の協力がなければ看護師を目指すことはできなかったため、私は今後も感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

 学校選択については、家庭があるため自宅から通えるアクシスのみを考えていました。そして、8月にアクシスのオープンキャンパスに参加しました。参加者は高校生が多く、このままでは勉強が足りないと危機感を感じました。その日の帰りに車に戻ると、「何かしなければ」との焦りに似た思いで個別指導塾の申し込みをしました。アクシスを受験するにあたって、仕事はこれまで通りフルタイムで働きながら、10月から1月まで塾に週1回通い、数学と英語の指導を受けました。英語が特に苦手であったため、英文法を基礎から学習してプリント課題を出してもらい、自宅学習で次の授業までに取り組み授業時に解説をしてもらいました。数学はアクシスの過去問を解き、解説してもらう方法で学習を進めました。12月からは、数学は自分で解ける問題が多くなってきていたため、英語のみの指導に切り替えてもらいました。英語は受験日の数日前までかかり、やっと一通りの英文法の復習が終わるという状態でした。塾に通うことは1人で勉強するより時間にメリハリがつき、他人に見てもらうので、苦手分野がはっきり分かりそこを集中的に勉強して克服する 有意義な方法であったと感じています。

 アクシスに合格でき入学すると、クラスのほとんどが高校からそのまま進学してきた学生でした。年齢が違うため、1人になってしまうこともあるかもしれないと思って入学しましたが、クラスメイトは気さくに声をかけてくれ、一緒に過ごすことができています。共通の目標に向かっていく仲間であるため、自然と話しをする機会があります。多くの学生と関わることで、色々な考え方を知れて日々刺激を受けています。看護師として病院に就職すると年齢や経験の異なる人と仕事をしていくため、良い経験になっていると思います。

 次にチューター制についてです。アクシスでは、学生一人一人に担当の先生がいます。学校生活での困ったことや相談を気軽に受け、学校生活を安心して過ごせるように支えてくれる存在です。また、同じチューターの先生を選択している1年生から3年生までの学生が集まり交流の機会があります。違う学年で集まった時には、授業、定期テスト、実習での心配ごとや疑問などを先輩に相談することができます。学校に入って初めて経験することがたくさんあるため、どうしたら良いか具体的な経験を聞くことができます。交流の機会が年に何度かあるため、アットホームな雰囲気につながりアクシスの良さとなっています。

 今回オープンキャンパスに参加され受験への思いが変化し、より強い思いになっているのではないでしょうか。看護学生は大変なことや忙しいことも多くありますが、アクシスでは、それらの課題を同じ目標に向かうクラスの仲間とともに乗り越えていくことができます。アクシスで一緒に学べることを楽しみにしています。

戻る
ページのトップへ